撮影ハウススタジオを初めて利用するけど不安だな。撮影スタジオ利用時の注意点ってあるのかな?そもそも撮影ハウススタジオ利用のメリット・デメリットってあるのかな?

こんな疑問にお答えます。

株式会社M Global Japanがプロデュースした昭和レトロな撮影ハウススタジオ「ベースキャンプスタジオ東松原」の運営を開始し、早4年が過ぎました。

今回は、弊社が実際に運営する撮影ハウススタジオの経験からメリット・デメリットご紹介します。

そもそも撮影ハウススタジオとは?

撮影ハウススタジオとは?
ベースキャンプスタジオ東松原のラウンジ部屋

撮影ハウススタジオは一軒家のような雰囲気を持ったスタジオのことで、内装やインテリアはカフェ、書斎、シェアハウスなど、場所によってさまざまです。

多種多様なシーンを撮影できるよう、同じハウススタジオでも「ベースキャンプスタジオ東松原」のようにそれぞれの部屋の雰囲気を変えてある場合が多いです。事前にどんなシーン・テーマをしっかりと決めた上でハウススタジオを選べば一回の撮影でバリエーションがある写真・映像を撮影できます。

撮影ハウススタジオをを運営する私たちとしては、その魅力を多くの人たちに知ってもらい、業界自体がもっと活性化していけばいいなと考えております。

しかし、世の中ではまだまだ「撮影ハウススタジオ」という存在の認知は低く、名前だけ知っていても「何ができるのか?」「どんなところが魅力なのか?」というあたり部分は十分には伝わっていないように思えます。

そこで今回は、撮影ハウススタジオ活用のメリットとデメリットについて紹介させていただきます。利用を検討されるきっかけや、検討中の方の参考となれば幸いです。

※撮影ハウススタジオにもさまざまな形態があり、場所によっては当てはまらないものもあります。ご了承ください。

撮影ハウススタジオを利用するメリット4選

まずは撮影ハウススタジオを利用するメリットについて4つ紹介させていただきます。意外に知られていないメリットなどもあると思うので、ぜひチェックしてください。

1. 低コストで利用が可能

撮影ハウススタジオ メリット 低コスト

撮影ハウススタジオを利用すれば、低コストで撮影することができます。

撮影ハウススタジオは一棟貸しのパターンが多いです。一棟貸しですので、いろんなシーンに対応した部屋でまとめて撮影することができます。複数のスタジオを借りて撮影する場合、数の分だけ支払う必要があります。

しかし撮影ハウススタジオを活用すれば、一回の撮影で1時間あたり約1万円〜3万円ほどのコストで利用が可能となります。設備もすでに取り揃えられているので、ほとんどの場合小道具なども不要です。

2. 利用シーンが豊富

都内 ごちゃごちゃ 撮影ハウススタジオ ベースキャンプスタジオ東松原

撮影ハウススタジオは、住居のような雰囲気を持ったスタジオなので部屋の数だけ利用シーンが豊富にあります。

例えば、「ベースキャンプスタジオ東松原」の場合、カフェや書斎部屋、ラウンジ、バー、キッチン、工場、一人暮らし部屋があります。

ベースキャンプスタジオ東松原の部屋紹介はこちらから

3. 小道具が多いので撮影コスト削減になりやすい

都内 ハウススタジオ 昭和レトロ カフェ ベースキャンプスタジオ東松原
ベースキャンプスタジオ東松原 カフェの部屋

白ホリスタジオとは違い、ハウススタジオには撮影美術に利用する小道具が豊富な場所が多いです。

撮影ハウススタジオによりますが、レアなアイテムからレトロな小道具。寝具周りのものまで一式揃っているパターンが多いです。

4. スムーズな撮影に繋がりやすい

メリット1〜3をまとめた感じになりますが、撮影ハウススタジオでは利用シーンが多く小道具も豊富なためスムーズな撮影に繋がりやすいです。

基本的にスタジオ内で着付けやメイクができるスタジオが多いです。手間がかからず、負担も少なくなり結果として事前準備を最小限にすることができます。

撮影ハウススタジオを利用するデメリット2選

メリットの多い撮影ハウススタジオの利用ですが、もちろんデメリットもあります。ここでは、代表的な2つを紹介します。

合わせて注意点も紹介致します。

似通った撮影になるかもしれない

多くの撮影ハウススタジオでは、決まった世界観のまま利用するパターンが多いです。結果として、似通った映像・写真になることもあります。

撮影ハウススタジオに、小道具の移動やどれぐらい部屋を作り込んでいいのかなどを事前に確認することで回避できます。

住宅地に近く音に気をつける必要がある

ハウススタジオは、住宅地にあることが多いため大きな音が出せない場所もあります。

音どりがある撮影の場合は事前に確認しておきましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

撮影ハウススタジオに対しては、「撮影がしづらいのではないか」「白ホリスタジオの方がいいのでは」などといった不安が多くあるかと思います。

ただ、先ほど紹介したように、メリットとデメリットを理解したり、ロケハンをして撮影ハウススタジオの雰囲気を事前に確認しておくことも大切です。

今回の記事を読んで撮影ハウススタジオに興味を持たれた方は、ぜひ「ベースキャンプスタジオ東松原」でロケハンしてみてください。

それでは、また。