インバウンドマーケティングの良質なニュースサイトを知りたい人「インバウンド施作のウェブメディアを知りたい。良質なメディアをチェックして、インバウンド施作の新しい情報をキャッチアップ出来るようになりたいな。おすすめを教えてください。」

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている当社は、現在、SNS特化動画制作を提供しています。インバウンド系の動画需要が増える中、日々、インバウンド対策に関するウェブメディアを熟読しています。

インバウンド施作系の記事を調べていて思うこと

薄っぺらい情報が多すぎる・・・

インバウンド対策におすすめの英語Webメディアまとめ5選

インバウンド対策におすすめの英語Webメディアまとめ5選
インバウンド対策におすすめの英語Webメディアまとめ5選

大前提として知っておくべきことは次のとおり。

インバウンド施作に関するニュースは、薄っぺらい情報が多い。

大切なので、繰り返し書きました。

意図的であるかそうじゃないかはわからないですが、有名なサイトでも当たり前の情報しか書いていないメディアが多いです。

その①:Tokyo Creative

Tokyo Creative
Tokyo Creative

Tokyo Creativeは訪日インバウンドメディアとして、外国人ライターが外国人目線で47都道府県すべてのエリアに関する旅に関連した記事を公開しています。

PR TIMESによると、日本最大級のマーケティング資料ポータルサイト、メディアレーダーの人気広告媒体ランキング2位を獲得しており、インバウンド対策をしたい広告媒体先としても人気です。

『情報収集 = ニュースをテキストで読むこと』って考えている人が多いかもですが、それは間違っています。動画の方が効率的にインプットできますので。ぜひTokyo CreativeのYoutubeもチェックしてみましょう。

メディアとしての各種数値も驚異的なので、詳しくはリンクからみてください。

 日本が好きな外国人フォロワー数が1,700万超
 YouTube総再生数は16億回超

https://media-radar.jp/detail6356.html

その②:Time Out Tokyo

Time Out Tokyo
Time Out Tokyo

「Time Out Tokyo」は東京都内に絞ったインバウンド向けメディアです。
都内に限定しているので濃厚な情報を取り扱っているのも特徴的です。

飲食店舗ややることリストの記事の他にも芸術やポップカルチャーに関するイベント情報を豊富に取り上げています。

ウェブだけではなく、紙媒体もあり訪日観光客が空港や宿泊施設で手にする情報誌でもあります。

その③:MATCHA

MATCHA
MATCHA

日本全国の観光名所やグルメスポット、宿泊情報などを取り上げているのがMATCHA。北海道や佐賀県のように、特定のエリアやを特集として書いてあるのでスポット別に検索しやすいのが特徴です。

その④:Lonely Planet

lonely planet
Lonely Planet

ガイドブック「Lonely Planet 」のWeb版です。ガイドブックは高年齢層の旅行客に人気です。日本名所やツアーを紹介しています。

オリジナル動画コンテンツも豊富で、日本各地の観光名所ごとに閲覧できます。

その⑤:japan-guide.com

japan-guide.com
japan-guide.com

京都や東京の日本王道スポットを中心に取り上げたメディアです。寺院や城のような文化施設の情報や、宿泊施設の情報も豊富にあります。

地域ごとのスポットも一覧でまとめられているので、このメディアワンストップで日本のことを知れることが特徴です。

インバウンド向けのメディアはこの他にも数多くありますが、どこも似たような記事が多く差別化されていない印象です。

上記サイトを読み込むと、「インバウンド対策」に詳しくなれるかなと思います。

実際に訪日インバウンド観光客が読むメディアを勉強することで、インバウンド向けにどのような施作をするべきか、自ずと見えていきます。

インバウンドはこれからも確実に伸びる分野ですので、意識的に学習を進めることが大切です。

今回は以上となります。